読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別居生活その後

別居生活4ヶ月が経とうとしています。

 

大学生になった長男は一人暮らしを始め、次男は夫と共に住み、家を出た私とは夕飯を食べるだけ。

まあ、この夕飯時の会話が全てっていうんでしょうか。高校男子はもともと反抗期も手伝ってか親の私とはあまり口をききたがらないのですが、ポロポロと話をして家の様子を聞き出しています。

 

それによると別居し始めて2ヶ月頃の夫は 調子がいいときは自分でご飯を炊いたり、食器の洗い物は子供の分もやってあげたりと、だいぶマトモになっていたようです。もちろん殆んどの時間は寝たきりで、食べないことも多いのですが。近くのカジュアルイタリアンレストランで次男と外食してきたこともあるらしい。「お母さん、最初からこうすれば良かったんじゃない?」なんて次男が言うほど。フーン。年内には復職したいと言ってるらしいけど、ま、頑張って。もう私は関わらないから。実は長男はアパートに引っ越す当日「もう二度と家に帰ることはないから。」と言い残して出て行きました。「お母さん、早く離婚して。俺はもうあの人と関わりたくない。」と。

 

夫と二人だけになってしまった次男が心配で、二人で住めるアパートを借り、私と一緒に住もうと誘っていたのですが、なかなかウンとは言わない次男。彼は彼なりに自分で決めたいのでしょうか。夫はとりあえず時々不安定にはなるものの比較的次男とは話をするので、今のままお父さんと住みたいと思っているようです。

 

最近一日一食を勧める本を読みました。絶食がウツ改善にも効果があるということで、ふと、絶食も彼の変化の一因なのか?と思いました。最初は夫の食事も用意し次男に持たせていたのですが、次第にそれも面倒だし、ケアしすぎかなと思ってやめていたのです。何も食べるものがなければ近くのコンビニに行くなり、自分で米を炊くなり、多少とも体を動かすきっかけになるだろうと思ったし。別居後2、3ヶ月経った頃の彼の変化を考えると、あまり食べない生活が続いたことが幸いし、調子が良くなったのかもと思いました。

ところがそんなに急に良くなる訳もなく‥まあ想定内でしたが。その後は食べるものがない時は実家の母にお願いしているよう。多少まともになったとはいえ、50歳近い大人の男が未だに母親に食事を頼むなんていつまでも甘えているとしか思えない!何が彼を変えることができるのか?自立は不可能なのか?相変わらず不透明のまま、時だけはどんどん経ち、退職までのカウントダウンが始まりそうです。

 

 

 

 

 

家出 2

家出して一人で寝るようになったら、何とよく眠れることか!

夫の足音にビクビクすることもないし、自分のものを盗み見られることも携帯を隠される心配もないし、久々に心の平安が戻ってきた感じ。

 

それでも鬱の人間を一人置いて家を出ることには、やはり抵抗がありました。息子たちがまだ夫といることも、悩みの種でした。次男もまた不登校になるのではないかという懸念と、鬱の人が与えるココロへの影響。長男は夫を毛嫌いし、全く無視。そして夫のことを多少なりとも好きだった次男も、段々と自分の父親を嫌いになってきたのです。

だって、夫は滅多に入浴しないためとにかく悪臭がひどい。それなのに一日中ベッドでスマホのゲーム三昧。家事なんて勿論何もしないし、息子と会話もほとんどなく、することといったらゲームだけ。口を開けば愚痴と自分のことばかり。息子の気持ちなんて全く考えてない。そんな父親を愛せますか?尊敬できますか?多感な時期の高校生にとって必要なのは、キチンと働く大人の姿を見せることだと思います。いくら病人と言ったって、尊敬できる部分が幾らかでもないと、愛情を持って接することなんてできないんです。無条件の愛をこっちに求められてもね〜。そんなものはもうとっくに枯れちゃいましたよ。

病人だとしたら、やはり良心がチクリと傷むので、食事だけは用意するように決めました。

その他のことは、もうお世話はしない。自立しなさいって話です。

ゲームできるんだから、自分の世話くらい出来るでしょう⁈  それとも私は冷たすぎですか?

考えても考えても、答えはわかりません。友人たちは、「離婚もいいんじゃない?もう十分頑張ったよ。」と言います。私も同感です。『うつ病の夫と離婚』何度もググったりしました。理想論は十分わかります。美しい夫婦愛がある人もいるのでしょう。でも、人と比べることは何の意味もないのです。自分達の幸せは自分で探さないとならないのですから。息子たちも離婚には賛成です。正直言うと、離婚によって息子たちも幸せになってもらいたい。自分達の幸せを真剣に求めてもらいたい。そのためには母である私がお手本を見せなければね。

 

家出

最近ここ1ヶ月の間ですが、家出‥しちゃいました。私。

 

きっかけは夫と義母のメール。次男がたまたま夫の携帯を使っている時に見てしまったというのです。

その内容があまりにも衝撃的だったので、次男は急遽私を外食に誘い、お店で私に洗いざらいぶちまけました。

要は、夫が自分の都合のいいように事実を捻じ曲げた挙句いちいち自分の母親に言いつけ、母親も一緒になって迎合するという、こちらから見ればあまりにも非常識というか、呆れる話。

 

例えば夫が「家族が自分を除け者にしている。馬鹿にしている。」と母親に愚痴れば、義母は孫に対し「お前たちが父親を無視するから悪い」と言い、高校の費用でさえ夫は「俺は払えない」と息子に言い放ち、挙句「自分の貯金は全て妻に使われた」と母親に言う始末。そしてその言葉を信じ込む義母は孫にも「金は一銭も出さないよ」と冷たく言い放ち、次男は半泣き。前にはお金の援助をするって言ってくれたのにと。私は夫の貯金は一切使ってないし、何を根拠にそんなでたらめばかり言うのか全く理解不能。月々の天引貯金だって自分の分はちゃんと残っているのに、私や家族ばかりを悪者にし、自分の非を家族に転嫁するその汚さ。そして自分の金への執着。そんなに自分がかわいいのか?自分の息子はどうでもいいのか?本当に頭にきました。

夫に話しかけないのは、話しかけても無視されることがほとんどだし、第一起きているのか寝ているのかわからないし。話しかけられればきちんと答えるし、除け者にしているとか言われても心外だし。ていうか、いちいち構ってもらいたいオーラが本当にうざすぎる。

おまけに私たちが留守の間に各自のパソコンやiPadにログインし、盗み見る変態行動。ログインパスワードだってノートを探してそこから盗み取るという悪質極まりないもの!家族だからって何でも許されると思っているのでしょうか?最低最悪、ただでさえ沸点達しているのに一連の行動で我慢も限界!

 

というわけで、私だけ家出しちゃいました。