読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウツの症状

ウツの症状ってひとそれぞれ違っていて、十人十色らしい。うちの夫の場合、不眠と極度の不安からはじまりました。毎日決まって明け方4時ごろから起きだしてきて、家中を大きなため息をつきながら歩き回るのです。一階に行ったと思えば、二階に上がって来たりを繰り返し。足音がうるさいし、私も起きてしまうのでいつも寝不足でした。そんな状態の中でも会社には行けていたのです。医師からは抗不安薬抗うつ薬を処方され、あまりにも不安が強いときは頓服薬をのんでいました。仕事の不安、金銭の不安、出かける時は玄関のカギを閉めた後何度もガチャガチャドアを引いたり。仕事から帰ってくるとえんえんと「おれがわるいんだよね。」の繰り返し。「なんでそんなに自分を責めるの?」「何がそんなに不安なの?」と思いましたが、これが病なのです。

ちなみに 病気になる前の夫はいたって元気。誰もがそうだと思いますが、病は知らない間に心の中に忍び込んできます。今では嘘の ようですが、元気な頃はロードバイクに何時間も乗ってきたり、ジョギングにハマった時は東京マラソンや地元の大会に出たり。朝も1時間ジョギングをしたりしていました。週末は家族とキャンピングカーで出かけてアウトドア料理をし、夜はキャンピングカーで寝て、まるで絵に描いたような幸せ家族。2人の息子は小学5年生と中学2年生。本当に幸せで楽しかった。そんな幸せも、無くなって初めて大切だな〜愛しいな〜ってつくづく思います。あって当たり前だったものに改めて気付かされる。そんな言葉今まで何度も聞いたことあるけど、まさか自分に起こるなんて誰も思わない。ココロの中って見えない分、本当にケアが難しいと思います。妻の私にもわからなかったし。夫も自分のメンタルは強いと思っていた方だし、「ウツになるやつは弱いんだ」というようなことを言っていたこともありました。実際プライドが高く、出世志向の強い彼は自分が鬱と診断されて相当ショックだったようです。原因は未だにはっきりと分からないですが、転勤や昇進の時期とともに上司からのパワハラがあったことが主な引き金となったようです。コンプライアンスなんてあってもないのと同じ...結局自己責任なのでしょうか。