読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2度目の自殺未遂

3ヶ月入院し、退院後1ヶ月して復職した夫。

復職はしたけれど、出勤のあさになると落ち着きなく歩き回り、「やっぱりやめたい」とか「今日こそ死んできます」の繰り返しでした。本当にこんな状態で復職OKなのか、甚だ疑問ではありましたが、主治医の先生は「我慢して行ってきて。」と言うだけ。私も何を信じていいのかわからないし、先生がおっしゃるんだから...と嫌がる夫を無理やり励ましては毎日送り出していました。帰宅後はすぐベッドに直行し、休日はもちろん一日中ベッドの中。不安で歩き回るか、ベッドで寝ているかのどっちかが続く毎日。とても働けるようなまともな状態ではありませんでした。
 
そしてある朝。起きたらベッドにいるはずの夫がいません。携帯も車もありませんでした。嫌な胸騒ぎがします。すぐに夫の携帯に電話しましたが、流れてくるのは「電波の届かないところにいるか電源が入っていません」という音声のみ。ドキドキ動悸も激しく鳴り、不安でたまりませんでした。最近の様子から考えるととうとうこの時が来てしまったとしか思えませんでした。会社に行く日なので、急遽休暇の連絡をいれ、私は自分の職場にも休む旨伝え、家で待機することにしました。
 
午後1時過ぎ、自宅の電話がなりました。足がガクガク震えます。おそるおそる電話を取ると隣県の警察からでした。なんと橋のたもとでパジャマ姿で倒れていたところを散歩中の人に発見されたとのことでした。明け方に事故が起きてからずっと倒れたままだったらしいのです。救急車搬送されたのが発見後30分ほどしてようやくのことでした。連絡を受けて子供達を自分の両親に頼み、震える足で車を運転し、 1人で病院に向かいました。病院に着いたのは3時間後。病院に向かう車の 中でもずっと涙が流れて視界が遮られ、頭の中はもう何も考えられませんでした。