読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講演会行ってきました

先日、かねてからのファンである山川紘矢、亜矢子氏の講演会『光の扉を開く』に行ってきました。

お二人は『アウトオンアリム』を始めとした数々のスピリチュアルな本の翻訳者として知られており。ご自身も『引き寄せの極意』など多数の著書を出版なさっています。今回はお二人のお話が直に聞けるということで、期待に胸を膨らませて行ってきました。お二人とも表情、空気感とも愛に満たされているオーラが出ていて、お話も愛に満ちていて、とても素晴らしいものでした。
いつも「これでいいのか」「夫が良くならないのは私のせいではないのだろうか」と自問自答していた私にとって、ご夫妻のお話は元気付けられるものでした。
 
人は輪廻転生する。どうしたら現世の自分を幸せにできるか。それは今の自分を喜ばせること。ハートに従って生きること。お金は生活に必要な分はちゃんと入ってくるので心配無用。自分が楽しいと思うことをしなさい。自分がハッピーになって自分が変われば周りも変わる。この世は目には見えないけど愛で満ちていて、皆も愛そのものだということ。隣人を愛し、諍いはやめ、愛の波動でこの世を満たそう。他の人は関係ない。あなたが完全であること。あなた自身を愛で満たすこと。
 
簡単に言うとこんな内容でした。

www.amazon.co.jp

自分の問題に置き換えると、お金の心配‥これはしなくて良さそうです。時が来ると必要な分はちゃんと入ってくるらしい。では夫の寛解‥これは‥ねえ。私が夫をかえたいと思うなら、まずは自分を変えなさいということ。どういう風に変えるか?夫妻曰く、自分に甘く優しくなれば、他人にも夫にも優しく愛を持って接することができる。自分を愛しなさいということです。自分を愛してるのか?‥考え込んでしまいました。私十分頑張ってるとは思います。私も仕事で忙しい中、日々夫へのお弁当も作っているし、えらいよねって褒めることもたまにはあります。でも基本的に自分に厳しいかも知れません。妻はこうでなければならないっていう思い込みがあるし。妻の理想像を自分に課している部分もあります。でも毎日気が重くて楽しくないのを夫のせいにしている自分がいるのも事実。そうじゃないんですよね。自分を楽しませるのは自分なんですよね。私は楽しんではいけない気がずっとしていたんです。以前にも夫に「病気じゃない人はいいよね。楽しそうで。」と何度かなじられたし、夫以外の3人で気分転換にと海に遊びに行った時も義母にチクチク言われたし。他の人にどう思われても構わない!もっと自分の人生を楽しんでいいんだ!そう思えたことが大きな一歩前進です。