読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家出 2

家出して一人で寝るようになったら、何とよく眠れることか!

夫の足音にビクビクすることもないし、自分のものを盗み見られることも携帯を隠される心配もないし、久々に心の平安が戻ってきた感じ。

 

それでも鬱の人間を一人置いて家を出ることには、やはり抵抗がありました。息子たちがまだ夫といることも、悩みの種でした。次男もまた不登校になるのではないかという懸念と、鬱の人が与えるココロへの影響。長男は夫を毛嫌いし、全く無視。そして夫のことを多少なりとも好きだった次男も、段々と自分の父親を嫌いになってきたのです。

だって、夫は滅多に入浴しないためとにかく悪臭がひどい。それなのに一日中ベッドでスマホのゲーム三昧。家事なんて勿論何もしないし、息子と会話もほとんどなく、することといったらゲームだけ。口を開けば愚痴と自分のことばかり。息子の気持ちなんて全く考えてない。そんな父親を愛せますか?尊敬できますか?多感な時期の高校生にとって必要なのは、キチンと働く大人の姿を見せることだと思います。いくら病人と言ったって、尊敬できる部分が幾らかでもないと、愛情を持って接することなんてできないんです。無条件の愛をこっちに求められてもね〜。そんなものはもうとっくに枯れちゃいましたよ。

病人だとしたら、やはり良心がチクリと傷むので、食事だけは用意するように決めました。

その他のことは、もうお世話はしない。自立しなさいって話です。

ゲームできるんだから、自分の世話くらい出来るでしょう⁈  それとも私は冷たすぎですか?

考えても考えても、答えはわかりません。友人たちは、「離婚もいいんじゃない?もう十分頑張ったよ。」と言います。私も同感です。『うつ病の夫と離婚』何度もググったりしました。理想論は十分わかります。美しい夫婦愛がある人もいるのでしょう。でも、人と比べることは何の意味もないのです。自分達の幸せは自分で探さないとならないのですから。息子たちも離婚には賛成です。正直言うと、離婚によって息子たちも幸せになってもらいたい。自分達の幸せを真剣に求めてもらいたい。そのためには母である私がお手本を見せなければね。