読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な生き方探し

アーア...帰ってきちゃった。ウツ夫が。幸せだったのはたった4日間だけ。

くっさーい臭いはそのまま。まるで千と千尋にでてくるあの妖怪...カオナシそのもの。みんながキャ〜っと逃げたくなるほどおどろおどろしいくっさーい物体、でもココロの中は他の人にはわかってもらえないってね。

 

ももう私の我慢も限界。今回でやっとはっきりわかりました。欲しいのは息子と過ごす平和で穏やかな生活。

 

今までは夫を支える良き妻という世の中の理想像を自分に課していました。私の両親も私にそういった理想像を求めているんだと思います。母なんて「鬱が治るまで10年かかる人もいるんだし」「離婚はまだ考えた方がいいと思うな」とか。まるで離婚は悪とか惨めとか、そういう感じ。親の考えや世間の常識、自分が世間からよく見られたいという意識が常に私につきまとう。本当の自分は全てから解放されて自由になりたいのに、実際は人の目を気にしながら生きている全く別の自分がいて、ずっとものすごいストレスを感じていました。少しずつ自分の殻を破ろうともがいていたけど、(今もなかなか殻を突き破れないんだけど) やっぱり自分のココロに正直に生きようと思いました。夫が働かないことは悪でもないし、善でもない。ただ子どもを育てる上で必要なお金が無いということ、子どもを育てられないということが親として問題なのです。働きたくないならそれでもいい。私はその生き方を否定するつもりはありません。でもかかわりたくもありません。愛情もないし。感情的に家を出ましたが、今思うのは子ども達も大人になってきたし、お互いを認め合ってそれぞれ独立して生きていけばいいんじゃないかってこと。私は今まで夫がこうしたいと言ったことに文句を言ったことは一度もありませんでした。自分で稼いだお金を自由に使うことに対し私が意見をいう必要は無いと思っていたのです。今になって私だけ好きなことをしてと非難されて悪者扱いされているけど、そんなことにももう疲れました。いがみ合ったり、嫉妬したり、負の感情のオンパレードで。夫婦といっても基本は一人一人。それぞれ自分の人生です。お互いに期待しあったり、プレッシャーをかけるものでもないと思うのです。それぞれが自分のココロのままに自由に生きていければそれでいいんじゃないのかな。夫婦だからってなんでも一緒とか相手を自分の思い通りにできるとか何か特別な関係みたいに思う人もいるかもしれないけど、そうじゃない。親子だって同じ。息子達にも過度な期待や自分の価値観を押し付けることなく、彼らなりの自由な生き方をしていってもらえばいいと思っています。

 

私達はあまりにもイイ子であるように価値観を押し付けられて育ったのだと思います。だから、ちょっとでもレールから外れることが怖くて仕方がないし、いけないことだと思わされている。外れたっていいんです。決められた道なんてどこにもない。自分のココロが自分を縛り付けているだけなんです。そして人間が一番ストレスを感じるときは自由を制限される時。

 

ワガママは悪いことなんかじゃない!もっと自由に!自分のココロを喜ばす生き方をしよう!

 

行方不明

先日、突然夫がいなくなりました。亡くなったんじゃなくて行方不明‥。

とはいってもおそらく義母が実家に連れて帰ったと思うんですけどね。連絡は何もないので真相はわかりませんが。

 

夫が家からいなくなったので、次男が家に一人になってしまい、どうしたものか考え込んじゃいました。私が家に戻ってもいいのかもしれないけど、夫がいつ戻ってくるのかと思うと恐怖で泊まれない。家に帰りたいのに帰れない‥。私はただ心の平和が欲しいだけなのに。息子と過ごしたいだけなのに。悲しいやら寂しいやら悔しいやらで涙が止まらない!!なんでそんな簡単なことが出来ないんだろう。それもこれもあのクソオヤジのせいかと思うと本当に腹立たしい。

 

 だけど息子も一人じゃかわいそうだし、週末だけでもと思って泊まってきました。

久しぶりに帰った我が家は恐ろしいことになっていました(−_−;)水回りはカビだらけ、洗濯物は出しっ放し、ゴミは捨てられず溜まり放題。そして寝たきりの夫が使っていたベッドやその部屋は酷い悪臭で気持ち悪くなりそう。ベッド周辺は白髪と大量のフケ‥。

息子はドでか無香空間を置いて臭い対策をしていたのですが、臭いは元から絶たなきゃダメでしょ〜やっぱり。

 で、帰ったその夜、次の日と片付けと掃除で手一杯。おかげで8袋分のゴミが出ました。あースッキリ!

 

それにしてもこれからどうしよう‥。お願いだからしばらく帰ってこないで!

 

息子が学校から帰ってきて、私はリビングのテレビを見ながら夕食の準備をしている。「おかえり」と声をかける。そんな当たり前の光景が無くなって8ヶ月。今回息子が学校から帰宅して私に最初に言った一言。「家に帰ってきて普通の人がいるってイイわー。感動したわ〜。」私もそんな当たり前の瞬間がホントに愛おしく思えました。手放したくないし、ずっとこのままでいたいのです。

息子も日々かなりのストレスを抱えているんだと思います。先日友人が父親に殴られるって話をしていたので「ウチはまだマシじゃない?」って言ったら「ウチの方がクソじゃね?」だって‥。この週末は久々にリラックスした様子で、笑顔もたくさんあったし、会話も弾み、ホッとするひと時でした。

 

私と息子の平和な時間を奪わないで下さい。やっと普通の生活ができているのに。ただ普通に過ごしたいだけなのに。その幸せを奪わないで!神様お願いします!

 

日々の幸せ

もうすぐ今年も終わりですね。

毎年あっという間に終わるし、また一年間何にもなかったなあ〜って思ってみたり。

子どもたちはまだぐんぐん成長していて、そんな成長ぶりを目にするたびに、私も何も無いようでやっぱり歳はとっているんだなって思います。

 

年末年始って私にとってずっと気が重い時期でした。周りは家族集まって初詣や外食に行ったり限りなく幸せそうに見えるし(年賀状も家族写真だったり!)それに比べてウチはウツウツの夫が重〜い空気を家中に撒き散らす感じだし。子どもたちと祖父母の家に行っても結局夫の話になり気が重いし。家を出た長男と一緒に団欒をしたいのだけど、場所が無い‥。で、今度の正月は息子二人と温泉泊に決定。20歳になる長男とお酒が飲めるぞ🍶と。わーい🙌楽しみ!

 

人と比べている限り、幸せはやって来ません。幸せって人と比べて得られるものではないんですよね。もしあるとすれば、自分が他人より優位にいる時、優越感を感じる時。自分が不幸だと思っている時に自分より不幸な人を見る。そういう場合だけ、少しの幸福感は得られるのでしょう。でもそんな幸せは長続きしません。だって本当の幸せは外にあるんじゃなくて、自分の中にあるから。

日々のちょっとした嬉しいこと、気分のいいこと、ほっこりするもの...。幸せは日常の中にあります。朝日の差し込んでくるカフェ。お気に入りのソファ席。そこで飲む香りの良いコーヒー。雨上がりの木々の葉や土の香り。大好きな本。寒い夜にバスソルトを入れたあったか〜いお風呂。木々の間から差し込む柔らかい光とふかふかの落ち葉。幸せを感じる基準は十人十色。自分だけのほっこり時間を見つけること。そんな時間をいかにたくさん日々の中に見つけるか、感じられるかでその人の幸福度は上がるんです。そして何よりも大事なのは笑顔!笑顔を無理にでも作ることです。鏡を見て、口角を上げて、表情筋を意識して。ただの筋肉運動だと思ってひたすら練習です。そのうちこわばっていた顔も自然に柔らかくなり、自分を見る他の人も笑顔になっていると思います。日々の幸せ時間の積み重ねが一週間、一か月、一年になって、結果ずっと幸せでいられるのです。

 

こんな風に安定して思えるようになったのは、実はある手帳がきっかけです。

それは奥平亜美衣さんの「引き寄せ手帳」。色んなコラムがあって毎日少しずつ気づきを得るような工夫がされています。私は随分この手帳に助けられて来ました。来年もこの手帳にお世話になります!

 

思いっきりジコチューでいいんです。自分の気持ちを大事にして、幸せをたくさん引き寄せよう!

 

Life is too short. Enjoy and be happy!