解体始まる

翌日の朝8時半。

「また同じ解体業者が来てる」とメールが届いたのです。

また⁈しかも同じ業者です。

どうしよう。「一秒でも早くやってくれ」って言われてるらしい。

9時前ですから弁護士さんもつかまりません。とにかく警察!110番です。

「どうしました?事故ですか?事件ですか?」「事件です!」

簡単な事情と住所を伝え、すぐ現場に向かいました。

ついた時にはすでに警察が対応中で、そこに私も加わり、弁護士さんにも連絡してとにかく待ってくれるよう頼みました。

業者の方は頼まれて来ているだけなので待ってはくれましたが、とにかく夫が依頼を取り下げない限り解体はすると主張します。

弁護士さんが到着し、交渉を試みるも、「依頼主が取り下げない限り実行する」の一点張り。まるで制御の効かないロボットのよう。

弁護士さんは相手方の弁護士にも連絡をとりますが、なかなか通じず。

解体業者の社長さんにも再度連絡をし、話をしましたが聞き入れられず。

その膠着状態が2時間ほど続いたでしょうか。

相手方の弁護士から「彼を説得するのは難しい」との連絡があり、私も覚悟を決めました。

「わかりました。もういいです。業者の方にも迷惑がかかることだし、解体してください。ただし、建物損壊の刑事訴訟をおこしてください。」そう弁護士さんに伝え、解体は始まりました。

 

まだ10年も経っておらず、大事に大事にしてきた我が家。ちらかってはいるものの、壁や畳など中はとてもキレイです。さっきまで靴を脱いで家に上がっていたのに、次の瞬間には解体業者が土足で上がって作業を始めている。それを見た時にはショックで涙が出てきました。

 

 

 

解体騒ぎ

ある静かな朝。

私の家の隣に住む実家の母からメールが届きました。

「なんか電線を外す工事してるけど。解体するって言われて電線を外しに来たって言っている。」

えーっ!

慌てて弁護士さんに連絡です。

フーム。「インターネット回線の撤去工事の可能性はありませんか?」ハア⁇電話じゃなくて電気だし。

そもそも電気を止めるだけなら電気工事は必要ないので、いよいよ解体業者が来るのは時間の問題だと確信しました。

 

そして翌日。

解体業者が「明日から解体工事をする」と言って挨拶回りに来たのです。

あした⁇そんな急な話⁇

弁護士さんにすぐに連絡をし、弁護士さんからこの家は係争中のため解体できない旨を説明して、解体はストップしました。

 

一安心、、と思いきや、その夜。

夫と夫の母親が実家にやって来て、「調停は取り下げられている。この家は解体する。」と言ってきたのです。

家のローンは夫が完済したばかり。残りの借金1000万ほど現金で支払って完済したようです。そして次は解体すると言い張る始末。どうしても渡したくないというただの意地でしょうが、あまりにも馬鹿げています。解体費用だっておそらく300万くらいするはず。あれほどお金に執着していて、こんな時は損得勘定も出来ないのでしょうか。いよいよ頭がどうかしている。正気の沙汰ではありません。そして夫の母親もなぜ息子を説得できないのでしょうか。その狂気が怖くて、平静ではいられませんでした。

 

とにかく家が解体されるとなれば持ち出しておきたいものが山ほどありました。

子供達の卒業アルバム、子供達が大事にしていた本や漫画、写真、誕生日に買ってあげたDVDやバースデーカードなどなど。何よりも息子達は自分で選びたいだろうと思い、急遽、離れて一人暮らしをしている長男にすぐに帰ってくるようメールをし、荷物を運び出しておくよう伝えました。

解体業者が来たその夜、急遽帰ってきた長男と2人で電気のつかない家に入り、荷物を運び出しました。

夫が寝ていたベッドはそのまま臭い匂いを放ち、家の中にはゴミが散乱し、夫の実家にあったであろう見たこともない要らない古タイヤや衣装ケース、子ども自転車、古いラジカセ、テーブル、椅子まで持ち込まれていました。そして自分達が欲しいものだけごっそり持っていったのです。遮光性の高いカーテンやデザインの素敵な高価な椅子、トイレットペーパーなどの消耗品、大型鏡、中身を抜いた衣装ケース。他は全て放置するかゴミ袋です。子供部屋ももちろん荒らされ、部屋にはビリビリに破かれた家族写真が。それを見た息子は「ドラマだ、、、」。悲しいようなおかしいような。怖くて得体の知れない不気味さだけが残りました。

 

 

離婚裁判

最後にこのブログをアップしてからどのくらい経ったのでしょうか。

なかなか気持ちの整理がつかず、しばらく放置していました💦

約一年に及ぶ8回の調停の間、彼は一回も姿を見せず、事態も膠着状態のまま結局裁判へ突入です。

そしてXDayの9月となりました。

籍はあと1年だけ会社に残るものの、収入はなくなり、退職間近となったのです。

 

夫がうつ病と診断された時は小学校5年だった次男も高校3年生。春からは大学生です。

時の経つのはなんと早いことかと、今更ながら思う今日この頃。

なぜか最近次男と夫の話をすることがあって、(奨学金の手続きやら、授業料免除の書類で夫の書類が必要だったりするので)私も心に引っかかることがあり、ブログも更新しようかなと。

 

次男にとっては夫はある意味「美化」されていて、記憶の中では当然元気で普通だった頃の夫なのですが、いよいよその記憶もだんだんと薄れてきたようで。

それもそのはず。夫が「普通」だったのは次男が10歳の時までですから。

 

調停中のやり取りは、聞いていて吐き気がするようでした。

子どもや夫のご飯を作るために家に行っていたことも「好き勝手に出入りしていた」。作り置きしておいた食べ物は「腐りかけの物を食べさせられた」とか。「5年前に口座から引き出した一万円は何に使ったのか」など、お金と食べ物に対する異常なまでの執着。

 

夫の仕事に伴い仕方なく専業主婦だった私が、夫の病気だかわがままのために、どれだけの心労を被ったと思っているのでしょうか。

そして子供達もどれだけのストレスを抱えているかわかっているのか?と声を大にして言いたいです。

2人の息子がいるにもかかわらず自分は育児に関して全く知らんぷりで、心配するどころか長男が20歳になったのをきっかけに「もう20歳だから扶養から外す。一切面倒はみない。」と言ってくる始末。それが息子を持つ父親のセリフですか?ありえない💢

そして、私たちが住んでいた家も「絶対渡さない。家は解体して更地にする。」と言ってきたし。

「俺が金を払ったんだ。だから俺のものだ。」

そういう理屈って通ります?

そもそもそういう考えなら「結婚」の意味なんてないですよね。

「結婚」って何なんでしょう。夫婦で協力して築いた財産は、夫婦の共有財産です。妻は自分と家の面倒を見るただの使用人だと思っているのでしょうか。使用人は共有財産を持てないとでも考えているのでしょうか。

そういう価値観の人はそもそも結婚するべきではありません。

確かに外で働いて金を稼いだかもしれない、でもそれを管理して蓄えたのは私だと、それも夫婦という名のもとでの共同作業だと考えていたのは私だけだったのです。その事実に愕然としました。

そして法的にも、共有財産を私の同意なく勝手に解体することは許されないはず。

 

呆れるやら悲しいやら情けないやら。

「金を多く稼いだ人間が一番偉い。」

その発想を家庭に持ち込む人間は最低です。