読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復職したものの‥

2014年 。年が明けても相変わらず引きこもりの夫。髭を剃る回数も明らかに減り、病院に行く時だけしか髭を剃らなくなりました。そして病院へも行かなくなりました。こうなると、また最悪の状態です。一時的に実家で過ごしてもらうことにし、2月から実家暮らしとなりました。主治医と会社からは復職OKと言われているのに、実家では朝から眠剤を飲んで寝ている始末。

 
一方、夫がいない我が家では長男の不登校が深刻化していました。最初はイヤイヤながら行っていたのが、次第に自分の通学自転車に乗れなくなりました。自転車が置いてある庭まで行って家の中に戻ってしまう状態となり、そして制服に腕を通せなくなり、と悪化していきました。3月に入り、三者面談では一応進級が決まったものの、今後については全く不透明でした。学校のない日は元気な息子。ホワイトデーには私にクッキーを焼いてくれたり。そんな息子を何とか元気付けようと、携帯を買い換え、外にも連れ出しました。学校外の世界に目を向けて貰いたかった。
 
そんな中、意外にも夫の復職話が進み、3月から復職決定となり、また我が家へ帰ってきたのです。不安はあるものの、とりあえず大きな一歩前進で、多少なりとも家の空気は軽くなりました。
でも2人のストレスと仕事のストレスで、私も不安定感は拭えず、日曜日の夜はなかなか寝付けなかった。2時間くらいウトウトして眠眠打破を飲んで出社するという生活が続きました。
 
はじめは何とか通っていた夫ですが、半年くらいたった頃には嫌な予感が的中。またもやズルズル休みだし、具合が良ければ出社する程度。
そして年明けの2015年2月を最後に、また引きこもり始めたのです。